自宅やオフィスで使わなくなった古い機器や粗大ごみ、リサイクルしようと不用品回収で処分する人も少なくありません。

使わなくなった品だから、誰かに利用してもらえるのなら、行き先は関係ないと言う人もいます、確かにこちらの意図とは異なる先に転売される可能性もゼロではありません。

産経ニュースに有効なサイトです。

しかし、不用品回収で注意したい点は処分方法だけではありません。

例えば、不用品回収業者がリサイクル代金だけ利用者から回収し、勝手に不法投棄しているケース、これは破棄した業者だけでなく、意図せず犯罪に巻き込まれる可能性も秘めています。
パソコン等の個人情報の機器を処分する際には十分なデータ消去を行わなければ、個人情報が流出する可能性もあります。

何れのケースも取り返しのつかない事に繋がるので、消費者が注意しなくてはいけません。

港区の不用品回収のサイトが登場しました。

ポイントは、依頼する業者が信頼出来る資格を有する会社か否か、処分先の住所や転売先まで記載してあれば安心して任せられます。また、極端に処分代が安い場合も要注意です。


実際は不法投棄するつもりなら、本来料金など必要なく、法外な低価格を提示する事が可能だからです。


少なからずお世話になった物を、最後まで見届ける事も消費者の責任です。安易に考えず、環境の為、自分を守る為に業者に依頼する際は徹底したリサーチ後に連絡しましょう。


各地方自治体が行う不用品回収なら若干費用が高めでも安心して大丈夫です。

マナーとルールを守って不用品処分を行うよう心掛けましょう。